Posts

2019年1月15日 始業礼拝 「主の祈りー御名と御組」

2019年1月15日始業礼拝 「主の祈りー御名と御国」
ルカによる福音書11章1節~4節 
1節イエスはある所で祈っておられた。祈りが終わると、弟子の一人がイエスに、「主よ、ヨハネが弟子たちに教えたように、わたしたちにも祈りを教えてください」と言った。 2節そこで、イエスは言われた。「祈るときには、こう言いなさい。『父よ、御名が崇められますように。御国が来ますように。
3節わたしたちに必要な糧を毎日与えてください。 4節わたしたちの罪を赦してください、わたしたちも自分に負い目のある人を皆赦しますから。わたしたちを誘惑に遭わせないでください。』」

祈りは本当に聞かれますか?宗教の世界に接した方でこの疑問を抱いたことのない人は少ないと思います。私は生まれた時からキリスト教に深く関わって来た人間で、このことについて何度も考えてきましたが、ここで答えを出しましょう。「もちろんです。聞かれます。」心に何かの願いを抱いてこの礼拝堂に入って来た生徒がここにいるなら、少しも躊躇しないで、先月、話をしたように、素直に神様に「お父さん」と呼び掛け、心にあるその思いを伝えてください。声を出すのが恥ずかしいなら、心の中で念じるだけでもかまいません。宇宙を動かす力を持つ方がその祈りを聞いてくださいます。これは長い年月かけて私が考え抜いて得た理屈抜きの結論です。祈りは必ず聞かれます。
 そんな馬鹿な。塾長の頭がおかしいんじゃないの?ここにいる三年生が皆、進路希望を口に出して祈ったら全員合格になるとでも言いたいの?そのようなことを考えながら、この話を聞いている生徒も多いと思いますが、私が言いたいのはそういうことではありません。合格祈願の半分以上は叶いません。これは神社に行っても、教会に行っても、少しも変わりません。祈る人が増えたからといって、人気がある学校の定員が増える訳でもないし、時間をかけて祈るくらいなら、勉強に打ち込んだ方が、よほど効果があるのは言うまでもありません。安全祈願をしても、安全運転を怠ると必ず事故に合うのと全く同じことです。
 私が言ったのは祈りが聞かれるということであって、叶うとは言っていません。皆様が小さかった頃、神様にではなく、育ての親であるお父さんに色々と願いごとをしたと思います。その時はどうなりましたか。すぐに思い通りになる場合もあれば、「ダメ」とか、「もう少し大きくなってから」…

2018年12月17日 礼拝説教 「祈りの言葉ーアッバ」

2018年12月17日礼拝説教 「祈りの言葉-アッバ」
ルカによる福音書11章1節~4節 
1節イエスはある所で祈っておられた。祈りが終わると、弟子の一人がイエスに、「主よ、ヨハネが弟子たちに教えたように、わたしたちにも祈りを教えてください」と言った。 2節そこで、イエスは言われた。「祈るときには、こう言いなさい。『父よ、御名が崇められますように。御国が来ますように。 3節わたしたちに必要な糧を毎日与えてください。 4節わたしたちの罪を赦してください、わたしたちも自分に負い目のある人を皆赦しますから。わたしたちを誘惑に遭わせないでください。』」
猿やイルカのような賢い動物は、人から餌を手に入れる方法を知ると、ねだったり芸を演じたりします。しかし、人間が教えた芸ではない限り、間違っても神や仏に向かって手を合わせることはしません。目に見えない相手に願い事をするのは人間の習性で、この不思議な行動は人間社会がある所では、世界のどこに行っても見られます。祈りは声を出してする場合もありますが、心の中で静かに念じるだけで十分だと感じる人たちも多くいます。祈りは欲深い人がすることでしょうか。確かに、祈りの大部分を占めているのは家内安全や商売繁盛などの願い事です。しかし、日常的に時間をかけて深く祈る人は、目に見えない世界を強く意識しているからか、物欲がむしろ希薄だと言えるでしょう。
 イエス様の弟子たちは以前からあることを気に留めていました。どれほど人が押しかけ、どれほど注目の的になっても、イエス様には姿を消して人のいない場所に行き、長時間祈る習慣がありました。睡眠時間を削り、食事をとる機会を失ってもこのように過ごす恩師の姿を見た弟子たちは、この行動に不思議な力を感じました。弟子たちは、暗唱した旧約聖書の祈りを唱えたり、個人的な願い事を並べたりして真似しても、イエス様が祈る時に感じられる、あの不思議な世界には遠くも及ばないという実感がありました。
 「イエス様は模範を示すが、祈りについて何も教えてくれない。あの姿に近づくにはどうすれば良いのだろう。」思い悩んでいると、以前はバプテスマのヨハネの弟子だった一人は思い出しました。「バプテスマのヨハネは弟子たちに祈る言葉を教えてくれた。イエス様にお願いすれば、祈っている時に感じられる、あの不思議な世界に入る方法を教えてもらえるかもしれない。」祈りの時が…

2018年12月3日 礼拝説教 「忙しい人のイライラと幸せ」

2018年12月3日礼拝説教 「忙しい人のイライラと幸せ」
ルカによる福音書10章38節~42節
38節一行が歩いて行くうち、イエスはある村にお入りになった。すると、マルタという女が、イエスを家に迎え入れた。 39節彼女にはマリアという姉妹がいた。マリアは主の足もとに座って、その話に聞き入っていた。 40節マルタは、いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていたが、そばに近寄って言った。「主よ、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、何ともお思いになりませんか。手伝ってくれるようにおっしゃってください。」 41節主はお答えになった。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。 42節しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」
セレブ並みに有名な預言者、ナザレのイエスが自分の家に来る。そのことを聞いた時からマルタは最高のご馳走を出す準備に取り掛かり、手を休めることなく走り回りました。やっと来たかと思うと大勢の人が詰めかけ、家の中が大変盛り上がりました。お客様に失礼のないように、マルタは休まずに食べ物や飲み物を運んでもてなしました。マルタは強制されて働いていた訳ではありませんでした。その場を成功させようと、自分の思った通りに計画を進め、目論見通りに上手く行っているはずでした。
しかし、気持ちがとてもハイになっていたマルタは疲れてきました。次第にイライラした気持ちになり、あることに気が付きました。一生懸命に動いていているのは自分だけで、他の人たちは皆、ただ座って楽しそうにイエス様の話を聞いている。特に気になったのは弟子たちに交じってイエス様の足元に腰を下ろしている妹のマリアでした。つい先ほどまでとても機嫌の良かったマルタの心は、腹立たしい気持ちでいっぱいになりました。
身近なところにマルタのような人はいませんか。もしかしたら、自分と重なる所を感じませんか。色々なアイディアを編み出し、率先して働き、皆のためになることをしていると確信している時、誰よりも生き甲斐を感じているのは自分のはずです。しかしある日、急に気持ちが沈み、不平不満が噴き出し、気が付いたら周囲の人たちを恨んでいる自分がいます。これほど頑張っているのに、自分の苦労をわかってくれる人がいない。当たり前にやってもらっていると思われている。
このよう…

2018年11月26日 礼拝説教 「女性のいるべき場所」

2018年11月26日「日礼拝説教 「女性のいるべき場所」
ルカによる福音書10章38節~42節
38節一行が歩いて行くうち、イエスはある村にお入りになった。すると、マルタという女が、イエスを家に迎え入れた。 39節彼女にはマリアという姉妹がいた。マリアは主の足もとに座って、その話に聞き入っていた。 40節マルタは、いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていたが、そばに近寄って言った。「主よ、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、何ともお思いになりませんか。手伝ってくれるようにおっしゃってください。」 41節主はお答えになった。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。 42節しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」
エルサレムの都のすぐ近くにべタニアという村がありました。はっきりした根拠がある訳ではありませんが、ユダヤ人社会に疎まれた病人や貧しい人たちが暮らしていた場所だったという見方があります。ガリラヤ出身の人たちが多く住んでいた場所で、ガリラヤ地方から巡礼に来る人たちを泊める宿がいくつも並んでいたという説もあります。いずれにせよ、ベタニアはイエス様が好んで立ち寄る村で、そこに住むマルタ、マリアとラザロの三人兄弟の家を特にひいきしていました。
ラザロの性格を知る手がかりはほとんどありませんが、二人の姉妹、マルタとマリアの性格の違いは、教会でよく話題になります。勤勉でよく動くマルタ。思慮深くておっとりしたマリア。年齢はわかりませんが、マルタが長女だったという印象を受けます。イエス様を客として迎えたマルタは、当時の習慣に従って、女性が守るべき立場をよく心得ていました。「いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていた」と書いています。対照的に、マリアはイエス様の弟子たちに交じって足元に座り、教えに聞き入っていました。当時の感覚で、これは非常識な行動でした。教師の足元に座って教えを受けるのは男性の特権で、その中に女性が交じるのは相応しくないことでした。

 妹のその姿を見たマルタの気持ちは穏やかではありませんでした。弟子たちの間にマリアがいるのを許すイエス様の呑気な態度にもイライラしました。何しろ、マリアが自分のつとめを放棄し,イエス様の言葉に耳をかたむけていたので、自分の仕事が倍になっていまし…

2018年11月19日 礼拝説教 「神主と教授と北朝鮮人」

2018年11月19日礼拝説教 「神主と教授と北朝鮮人」
ルカによる福音書10章30節~37節
30節イエスはお答えになった。「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。 31節ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。 32節同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。 33節ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、 34節近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。 35節そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』 36節さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」 37節律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」
 「サマリア人」はみな親切な人たちだったのでしょうか。イエス様のこのたとえ話が有名になり、世界各地で、困った人を助ける団体の名前に「サマリア」という言葉が付くようになったのはちょっと皮肉な話です。何故なら、イエス様が祭司とレビ人を悪者にして、サマリア人を善良な人として描いたのは、当時のユダヤ人の気持ちを逆なでして、挑発するためだったからです。現代の日本人の感覚に合わせて書き直すと、次のような話になります。「伊勢神宮の神主様と東京大学の教授様がやって来たが、命が危ない人を助けようとしませんでした。しかし、ある親切心あふれる北朝鮮人がやって来たら、自分を顧みずに助けてくれました。」
このように言うと、当時の人たちに、このたとえ話がどのようなインパクトを与えたかを想像することができると思いますが、聞いていた人たちの反発はそれ以上のものだったはずです。サマリア人とユダヤ人の仲の悪さは紀元前538年頃にさかのぼるものでした。戦争に負けたユダヤ人社会の上層部は現在のイラクに強制移住させられていましたが、中東を治める帝国が変わり、彼らにイスラエルの地に戻ることが許されました。戻って来た人たちの目に映っ…

2018年11月5日 礼拝説教 「隣人とはだれか」

2018年11月5日礼拝説教 「隣人とはだれか」
ルカによる福音書10章28節~37節
28節イエスは言われた。「正しい答えだ。それを実行しなさい。そうすれば命が得られる。」 29節しかし、彼は自分を正当化しようとして、「では、わたしの隣人とはだれですか」と言った。 30節イエスはお答えになった。「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。 31節ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。 32節同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。 33節ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、 34節近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。 35節そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』 36節さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」 37節律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」
 「良きサマリア人」のたとえ。聖書物語の人気ランキングを作るとしたら、確実に上位に入るのはこの話です。標高1000メーターのエルサレムから、マイナス250メーターのエリコに下るこの道は今もあります。荒れた、岩場を通る25キロも続く下り坂です。当時は旅人が岩陰から飛び出す、盗賊に襲われることの多い場所だったので、このたとえ話にはかなりの現実味がありました。
いろいろな解釈がありますが、学校や職場で起きるいじめの構図をよく表している話だという見方ができます。旅人には仲間がいなく、危険な場所を一人旅していたという弱みがありました。冷たい見方をすれば、危険な場所だと知りながら、無防備な姿で通る方が悪く、「もっと警戒心を学びなさい」と言われても仕方のない人でした。ここにいじめられっ子の姿が見られます。
その弱みに付け込んだのは盗賊でした。彼らの目に、旅人は都合の良い餌食にしか見えませんでした。彼らの心に、貴い存在として尊重すべき人間…

2018年10月15日 礼拝説教 「空気を読むだけではダメ」

2018年10月15日礼拝説教 「空気を読むだけではダメ」
ルカによる福音書10章25節~29節
25節すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスを試そうとして言った。「先生、何をしたら、永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか。」 26節イエスが、「律法には何と書いてあるか。あなたはそれをどう読んでいるか」と言われると、 27節彼は答えた。「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい』とあります。」 28節イエスは言われた。「正しい答えだ。それを実行しなさい。そうすれば命が得られる。」 29節しかし、彼は自分を正当化しようとして、「では、わたしの隣人とはだれですか」と言った。
ユダヤ人社会の中で律法の専門家の地位はとても高かったです。ヘブライ語の古典を読みこなし、数多くの解釈に精通している、秀才の中の秀才。つまり、超エリートでした。戒律の厳しいイスラム国では、宗教と市民生活の分離がなく、イスラム法の専門家の権威は絶大ですが、彼らと同じように、一般市民の生活に大きな影響を及ぼす人たちでした。この専門家の一人が、質問を出して、正式な学歴のないイエス様の真価を試そうと思い、「規則や教えはたくさんあるが、神様の最も高い評価の証である永遠の命を受けるために、何をすれば良いのでしょうか。」と尋ねました。
流派が違う専門家なら、「ひと言では言えない。律法の規定を一つ一つ覚えて徹底的に守るしかない。」と言ったかもしれません。しかし、この人はイエス様と考えの近い人で、律法の一つ一つの規定よりも、その全体を貫く精神の方が大事だと考えました。つまり、「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい。」という思いを、いつも心に留めて行動に移すのが一番大切な事だと言いました。イエス様はその考えに同意しました。
「あなたの国の人たちが一番大事にしている気持ちを一言で表す言葉がありますか。」そのように尋ねられたら、首をかしげる人が多いと思いますが、アメリカ人なら独立宣言を引用して「生命、自由及び幸福追求の権利」と言うかもしれません。日本人なら十七条憲法の「和を以て貴しとなす」を口にするかもしれません。しかし、間違っても、「心を尽くし、精神を尽くし、力…