Posts

2019年10月21日 礼拝説教 「束縛と解放」

2019年10月21日礼拝説教 「束縛と解放」
ルカによる福音書13章10節 ~ 17節
10節安息日に、イエスはある会堂で教えておられた。 11節そこに、十八年間も病の霊に取りつかれている女がいた。腰が曲がったまま、どうしても伸ばすことができなかった。 12節イエスはその女を見て呼び寄せ、「婦人よ、病気は治った」と言って、 13節その上に手を置かれた。女は、たちどころに腰がまっすぐになり、神を賛美した。 14節ところが会堂長は、イエスが安息日に病人をいやされたことに腹を立て、群衆に言った。「働くべき日は六日ある。その間に来て治してもらうがよい。安息日はいけない。」 15節しかし、主は彼に答えて言われた。「偽善者たちよ、あなたたちはだれでも、安息日にも牛やろばを飼い葉桶から解いて、水を飲ませに引いて行くではないか。 16節この女はアブラハムの娘なのに、十八年もの間サタンに縛られていたのだ。安息日であっても、その束縛から解いてやるべきではなかったのか。」 17節こう言われると、反対者は皆恥じ入ったが、群衆はこぞって、イエスがなさった数々のすばらしい行いを見て喜んだ。
16歳になるまで私は喘息にひどく悩まされました。症状が悪化する季節になると毎晩、午前2時頃に決まったように息が苦しくなり、目が覚めました。ゼーゼーする程度なら良かったですが、やっと呼吸できる状態になり、窒息死するのではないかと思うことが何度もありました。朝になると正常に呼吸できるようになりましたが、前夜の格闘から来る披露と睡眠不足で、だるさが一日中続き、夜になると同じことの繰り返しになりました。
当時の医学界の喘息についての知識は今から思うとお粗末なもので、小中学生の頃、医者からいただいた助言は何の役にも立ちませんでした。身体を鍛えれば良い、漢方薬を飲めば良い、薬をお湯に溶かし、蒸気を吸い込めば良いなど、色々な指示をいただきましたが、何の役にも立たないのは、当事者である自分が一番よくわかっていました。
高校に入り、発作がすぐに収まる喘息緩和剤を使っている人がいるという情報が耳に入り、問い合わせて見ましたが、副作用を起こす心臓に悪い物だから処方できないと告げられました。「この束縛から解放されるならそれでも良い」と思いましたが、ある日突然、知り合いだった医者が、それまで見たことのない喘息緩和剤の吸入器を持って来て使用方法を説明してく…

2019年9月17日 礼拝説教 「三年たっても実が生らない木」

2019年9月17日礼拝説教 「三年たっても実が生らない木」
ルカによる福音書13章6節 ~ 9節
6節そして、イエスは次のたとえを話された。「ある人がぶどう園にいちじくの木を植えておき、実を探しに来たが見つからなかった。 7節そこで、園丁に言った。『もう三年もの間、このいちじくの木に実を探しに来ているのに、見つけたためしがない。だから切り倒せ。なぜ、土地をふさがせておくのか。』 8節園丁は答えた。『御主人様、今年もこのままにしておいてください。木の周りを掘って、肥やしをやってみます。 9節そうすれば、来年は実がなるかもしれません。もしそれでもだめなら、切り倒してください。』」
「桃栗三年柿八年」という諺は、江戸時代の「いろはかるた」の句に由来します。内容的にはほぼ正確ですが、木の苗を植えてから実が生るまで三、四年かかるのは桃や栗に限ったことではありません。リンゴもブドウも同じですが、柿は八年くらいかかります。何事も結果が出るまで時間がかかり、それも一定ではないので焦ったり諦めたりしてはいけないというのが教訓です。
今日の聖書の例えに出て来るイチジクはどうでしょうか。鈴なりに実っているブドウの木に囲まれ、一つも実を付けていない、一本のイチジクの木が立っていました。このことにいら立ったブドウ園の持ち主は、木の管理を任された園丁に切り倒すように命じました。
しかし、園丁はイチジクの木の性質をよく知っていました。イチジクは、実が生るまでの時間がまちまちで、二年で実る木もあれば、七年もかかる場合もあります。経済効率を考えたブドウ園の持ち主は、金になる収穫が期待できるブドウの木に代わって、実が生らないイチジクの木があることに腹を立てました。
対照的に、園丁は一生懸命に世話してきた木に愛着があり、イチジクならまだ実を結ぶ可能性がある事を知っていました。しかし、身分の違いもあり、主人の知識のなさを指摘するわけに行かず、木に代わって一年限りの命乞いをしました。
園丁のこの言葉を聞くといつも思い出すことがあります。最近はほとんどありませんが、三十年前に東奥義塾に勤めた頃、臨時職員会議を開いて生徒の退学の是非を議論することがよくありました。悪事を重ねた生徒でも、「私が責任を持って指導するから、どうか、もう一度だけチャンスを与えてください。」と学級担任や、学年主任が泣きそうな声で訴えることが度々ありました。

2019年9月9日 礼拝説教 「災難の中にもある神の愛」

2019年9月9日礼拝説教 「災難の中にもある神の愛」
ルカによる福音書13章1節 ~ 5節
1節ちょうどそのとき、何人かの人が来て、ピラトがガリラヤ人の血を彼らの生贄に混ぜたことをイエスに告げた。 2節イエスはお答えになった。「そのガリラヤ人たちがそのような災難に遭ったのは、ほかのどのガリラヤ人よりも罪深い者だったからだと思うのか。 3節決してそうではない。言っておくが、あなたがたも悔い改めなければ、皆同じように滅びる。 4節また、シロアムの塔が倒れて死んだあの十八人は、エルサレムに住んでいたほかのどの人々よりも、罪深い者だったと思うのか。 5節決してそうではない。言っておくが、あなたがたも悔い改めなければ、皆同じように滅びる。」

現代人の間で、災害、事故や、犯罪による悲劇の背景に、目に見えない何かがあると考える人は少なくなりました。災難を防ぐことができたはずだと、人や組織を厳しく攻めることがあっても、神様や、災難に合った人の悪事のせいにする人はほとんどいません。しかし、国や地方によって、悪い事が起きると、神様や怨霊の罰が当たったと言う人は今もいます。新約聖書時代のユダヤ人の間で、このような考え方はむしろ主流でした。
「ピラトがガリラヤ人の血を彼らの生贄に混ぜた。」この事件は聖書のこの箇所以外は、史料として残っていませんが、ピラトという人は有名です。イエス様に報告されたこの出来事は、他の史料から浮かび上がる、情けを知らないローマの総督、ピラトの人物像と一致します。「シロアムの塔が倒れて十八人が死亡した。」地震があったのでしょうか。それとも、塔の建築が杜撰だったのでしょうか。これも福音書を書いたルカの記載がなければ、人類の記憶から消えた話です。
キリスト教信仰が定着すると、このような出来事は、更に違う角度から問題視されました。「全能の神は愛だ」と言うなら、何故、このようなことが起きるのか。災難を止めることができなければ全能の神とは言えない。止める意思がなければ愛の神とは言えない。18世紀の啓蒙の時代に入り、ヨーロッパの哲学者たちはこの理屈を武器に、伝統的なキリスト教の考え方を攻撃しました。
イエス様の解釈はちょっと意外なものでした。まずは災難に合った人たちに罰が当たったという考えを一蹴しました。「人間は皆、大なり小なり悪い事をしているが、あの不幸な人たちが特別に悪かった訳ではない。その…

2019年9月2日 礼拝説教 「風を読む」

2019年9月2日礼拝説教 「風を読む」
ルカによる福音書12章54節 ~ 59節
54節イエスはまた群衆にも言われた。「あなたがたは、雲が西に出るのを見るとすぐに、『にわか雨になる』と言う。実際そのとおりになる。 55節また、南風が吹いているのを見ると、『暑くなる』と言う。事実そうなる。 56節偽善者よ、このように空や地の模様を見分けることは知っているのに、どうして今の時を見分けることを知らないのか。」 57節「あなたがたは、何が正しいかを、どうして自分で判断しないのか。 58節あなたを訴える人と一緒に役人のところに行くときには、途中でその人と仲直りするように努めなさい。さもないと、その人はあなたを裁判官のもとに連れて行き、裁判官は看守に引き渡し、看守は牢に投げ込む。 59節言っておくが、最後の一レプトンを返すまで、決してそこから出ることはできない。」
「米国憲法第九条。米国国民は自国に都合の良い正義と秩序を希求し、国際平和を軽んじ、国際紛争を解決する手段として、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇と、武力の行使を積極的に用いる。前項の目的を達するため、陸海空その他の戦力は、他国を圧倒する、人類史上前代未聞の規模で保持する。国の交戦権は当然のこととし、他国の主権を認めない。」
 この類の文書を風刺と言います。風刺の定義は、「社会や人物の欠点や罪悪を嘲笑的に表現し、遠回しに批判すること」です。風刺を見聞きして面白いと思うかは読者の立場によります。もちろん、腹を立てる人もいます。そもそも、アメリカ合衆国憲法の条文は第七条までしかなく、米国憲法第九条は存在しません。ただ、日本国憲法第九条をアメリカの近現代史の実態に照らし合わせると、このような皮肉を書きたくなる人が出てくるのも頷けると思います。
70年以上も前に日本は国際紛争を解決する手段として戦争を永久に放棄すると宣言しました。その結果、同盟国に協力してベトナム戦争に30万人以上の兵隊を送って激しい戦闘に加わり、5千人以上の戦死者を出した韓国とは対照的に、日本はこの間、外国の兵士や市民を殺すことが一度もありませんでした。平和主義の優等生とも言える日本が築いた、もっと評価を受けても良さそうな実績ですが、それに水を差してきたのは、日本が同盟を組んだ相手国との関係です。
 最初に読み上げた風刺文が物語るように、日米同盟の主導権を握るアメ…

2019年8月26日 始業礼拝 「火を投じる人」

2019年8月26日始業礼拝 「火を投じる人」
ルカによる福音書12章49節~53節
49節「わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである。その火が既に燃えていたらと、どんなに願っていることか。 50節しかし、わたしには受けねばならない洗礼がある。それが終わるまで、わたしはどんなに苦しむことだろう。 51節あなたがたは、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ。 52節今から後、一つの家に五人いるならば、三人は二人と、二人は三人と対立して分かれるからである。 53節父は子と、子は父と、母は娘と、娘は母と、しゅうとめは嫁と、嫁はしゅうとめと、対立して分かれる。」

火を使い始めたのは原始人でしたが、産業革命が始まっても、火が燃える仕組みはよく理解されていませんでした。古代人は、物質を構成する元素の一つに「火」があると信じていました。科学の時代の初期の頃、燃える物の中に「火」の元素があり、条件が整うと火が飛び出して燃えるという考えがありました。物が燃えるという現象が理解され始めたのは、わずか二百数十年前のことでした。酸素の存在が知られたのも同じ頃でしたが、燃焼は可燃物と酸素が結合する化学反応だと突き止めたのは、フランス革命中にギロチンで首が飛んだアントワーヌ・ラヴォアジエという人物でした。
 聖書が書かれた時代のユダヤ人は火を、人間が近づけない、神様を象徴するものとして考えました。十戒を授かったモーセは最初に見た神様の姿を、「柴の間に燃え上がっている炎。柴は火に燃えているのに、柴は燃え尽きない。」という言葉で表しました。宗教的な儀式の中で、神様にささげる物は、火で燃やされることによって神様のところに届くとされていました。火には腐ったものを清潔にし、金属を更に純化する効果があります。罪ある人間が神様に近づくと、燃え尽きてしまうと信じられていましたが、火に燃えて残った物が、純粋で本物だという考えもありました。新約聖書のヘブライ人への手紙に次の言葉があります。「実に、わたしたちの神は、焼き尽くす火です。」
 イエス様には、暴力を否定する平和主義者のイメージがあるので、今日の聖書の箇所に違和感を持つかもしれません。「地上に火を投じる。平和ではなく分裂を。」十七条の憲法にある聖徳太子の「和を以て貴しとなす」という言葉とは対照的です。「平和を…

2019年7月22日 終業礼拝 「管理責任を問われる私たち」

2019年7月22日終業礼拝 「管理責任を問われる私たち」
ルカによる福音書12章35節 ~ 48節 
35節「腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい。
36節主人が婚宴から帰って来て戸をたたくとき、すぐに開けようと待っている人のようにしていなさい。 37節主人が帰って来たとき、目を覚ましているのを見られる僕たちは幸いだ。はっきり言っておくが、主人は帯を締めて、この僕たちを食事の席に着かせ、そばに来て給仕してくれる。 38節主人が真夜中に帰っても、夜明けに帰っても、目を覚ましているのを見られる僕たちは幸いだ。 39節このことをわきまえていなさい。家の主人は、泥棒がいつやって来るかを知っていたら、自分の家に押し入らせはしないだろう。 40節あなたがたも用意していなさい。人の子は思いがけない時に来るからである。」 41節そこでペトロが、「主よ、このたとえはわたしたちのために話しておられるのですか。それとも、みんなのためですか」と言うと、 42節主は言われた。「主人が召し使いたちの上に立てて、時間どおりに食べ物を分配させることにした忠実で賢い管理人は、いったいだれであろうか。 43節主人が帰って来たとき、言われたとおりにしているのを見られる僕は幸いである。 44節確かに言っておくが、主人は彼に全財産を管理させるにちがいない。 45節しかし、もしその僕が、主人の帰りは遅れると思い、下男や女中を殴ったり、食べたり飲んだり、酔うようなことになるならば、 46節その僕の主人は予想しない日、思いがけない時に帰って来て、彼を厳しく罰し、不忠実な者たちと同じ目に遭わせる。

2019年7月3日 礼拝説教 「小さな群れよ」

2019年7月3日礼拝説教 「小さな群れよ」
ルカによる福音書12章29節 ~ 34節 
29節あなたがたも、何を食べようか、何を飲もうかと考えてはならない。また、思い悩むな。 30節それはみな、世の異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの父は、これらのものがあなたがたに必要なことをご存じである。 31節ただ、神の国を求めなさい。そうすれば、これらのものは加えて与えられる。 32節小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる。 33節自分の持ち物を売り払って施しなさい。擦り切れることのない財布を作り、尽きることのない富を天に積みなさい。そこは、盗人も近寄らず、虫も食い荒らさない。 34節あなたがたの富のあるところに、あなたがたの心もあるのだ。」
実行不可能のものが多いと言われるのはイエス様の教えです。その中でも特に厳しいのは今日の、「自分の持ち物を売り払って施しなさい。」という言葉です。すっかんぴんになるまで、施しをして貧しい人に与えなさいという指示です。キリスト教徒の多くはこの精神に従って生きようとしますが、完全に実行できているのはそのごく一部です。家族を養うことが多い、プロテスタントの牧師のほとんどは、いくらかの財産を持っています。
 人間社会では、原則として国家が国民の財産を保証します。しかし、歴史の転換点に差し掛かると、それまで個人の権利を守っていた国家が崩壊し、地位も財産もすべて振り出しに戻ることがあります。明治時代の初めに武士階級は藩士としての地位と収入を失いました。戦後まもなく、タダ同然で小作人に農地を譲ることになった地主も、次々と没落していきました。前世紀のロシアや中国の革命では、極端なまでに財産の再配分が行われ、雇い主と従業員の立場が逆転しました。
今日の聖書の箇所で、イエス様は当時の体制が崩壊することを前提に話していますが、その時から四十年、正にその通りになりました。首都エルサレムが姿も形もないほど完全に破壊され、ユダヤ人はイスラエルの地から追放されました。それを見込んでイエス様は言いました。「今の世の中に投資するのを止めなさい。現体制がいつまでも続くと思っている人たちが欲しがる物を欲しがってはならない。もうじき、住んでいる家が他人に取られ、持っているお札が紙切れ同然なるから、目に見えない物に力を注ぎなさい。そうすれば、世の中がどうなっても、衣食…