Posts

2020年9月14日 礼拝説教 「か弱い者の存在価値」

2020年9月14日 礼拝説教「か弱い者の存在価値」ルカによる福音書18章15~17節15節イエスに触れていただくために、人々は乳飲み子までも連れて来た。弟子たちは、これを見て叱った。16節しかし、イエスは乳飲み子たちを呼び寄せて言われた。「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。17節はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」新約聖書時代の世界を支配していたローマ人の残酷さはよく知られていますが、生まれてくる子供に対しても、冷酷極まりない民族でした。ローマの男性は20代の半ば頃まで結婚しませんでした。しかし、女性は思春期を過ぎるとすぐに結婚させられ、10歳以上も年上の夫の権限は、妻が生む子供の生殺与奪の権を含む、絶対的なものでした。赤ん坊を取り上げたローマの助産師は、父親の前に地面の上に新生児を寝かせました。父親がかがんで赤ん坊を抱き上げて初めて、その家の子供として認められました。父親がいらないと言って顔を背けるなら、赤ん坊は外に放り出され、だれかに拾われない限り、そのまま死んでしまいました。ユダヤ教徒はローマ人のこの習慣を強く否定していましたが、ユダヤの子供の命も決して安泰だったとは言えません。世界のどこの歴史を見ても、赤ん坊が大人になるまで生き延びるのが当たり前になったのは、かなり最近のことです。150年くらいまでのデータを見ると、世界の子供の半分は思春期を迎えることなく命を失い、赤ん坊の4人に1人は1歳になる前に死にました。日本の子供の生存率も決して高くはなかったですが、19世紀までのドイツでは、大人になるまで生き延びる子供は全体の4割しかいませんでした。病気を癒して欲しいと願って、多くの人たちはイエス様に押し寄せましたが、その中に赤ん坊にオッパイを吸わせている母親たちもいました。子供たちに病気があったとは書いていませんが、高校生とあまり変わらない年齢だったこの母親たちは必死でした。今は元気でも、いつ病気になって死ぬかわからない我が子の命の保証を求めていました。どんなに重い病気をも癒すイエス様に触れてもらえるなら、きっと健康に育つだろうと信じていました。 これを見て気に食わなかったのはイエス様の弟子たちでした。ローマ人ではなく、ユダヤ人でしたが、…

2020年9月7日 礼拝説教 「許される罪人」

2020年9月7日 礼拝説教「許される罪人」ルカによる福音書18章9~14節9節自分は正しい人間だとうぬぼれて、他人を見下している人々に対しても、イエスは次のたとえを話された。10節「二人の人が祈るために神殿に上った。一人はファリサイ派の人で、もう一人は徴税人だった。11節ファリサイ派の人は立って、心の中でこのように祈った。『神様、わたしはほかの人たちのように、奪い取る者、不正な者、姦通を犯す者でなく、また、この徴税人のような者でもないことを感謝します。12節わたしは週に二度断食し、全収入の十分の一を献げています。』 13節ところが、徴税人は遠くに立って、目を天に上げようともせず、胸を打ちながら言った。『神様、罪人のわたしを憐れんでください。』 14節言っておくが、義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」どこの国に行っても同じなのは、幼児期に、謝るのがとても苦手な子供が多いということです。小さい子供が謝ると、「負けた」という気持ちになり、謝るように促されても、なかなか口を開こうとしません。最後に根負けして「ごめんなさい」と言っても、悔しい思いに襲われ、大泣きすることがあります。成長するに従って心が広くなり、同じ空間に生活することは大なり小なり、互いに迷惑をかけることだと気付き、率先して謝罪できる気持ちが育ちます。そうなると周りから、「大人になった」と言われるようになります。非を認めるには、それなりに勇気と決断力がいります。日本に来る外国人は以前、この国の文化のルールとして、気まずいことがあったら、躊躇せずに「すみません」と言って謝るように指導されました。あまりしつこく連発すると、返って誠意を感じなくなる場合もありますが、互いに「すみません」という言葉を素直に交換できると、生活上のトラブルのほとんどが速やかに解決されます。これは日本人の生活の知恵の一部とも言える、日本文化の美しい側面の一つですが、周囲を見渡すと、素直に「すみません」と言える人たちばかりではありません。更に、簡単な「すみません」を通り越し、本当に悪かったと認めて謝罪することは、どこの国に行っても大変なことです。誠意ある謝罪をしても、相手の心に届くとは限りません。謝る度に相手の態度が横柄になる場合もあるので、謝る際に…

2020年8月31日 礼拝説教 「心の願いを誰に訴えるべきか」

2020年8月31日 礼拝説教「心の願いを誰に訴えるべきか」ルカによる福音書18章1~8節1節イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。2節「ある町に、神を畏れず人を人とも思わない裁判官がいた。3節ところが、その町に一人のやもめがいて、裁判官のところに来ては、『相手を裁いて、わたしを守ってください』と言っていた。4節裁判官は、しばらくの間は取り合おうとしなかった。しかし、その後に考えた。『自分は神など畏れないし、人を人とも思わない。5節しかし、あのやもめは、うるさくてかなわないから、彼女のために裁判をしてやろう。さもないと、ひっきりなしにやって来て、わたしをさんざんな目に遭わすにちがいない。』」6節それから、主は言われた。「この不正な裁判官の言いぐさを聞きなさい。7節まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか。8節言っておくが、神は速やかに裁いてくださる。しかし、人の子が来るとき、果たして地上に信仰を見いだすだろうか。」都市伝説の類かもしれませんが、100年近く前に開かれた国際会議で、とある国の代表は「我々は神以外に、誰をも恐れない。」と言って演説を締めくくり、大喝采を浴びました。次の国の代表が演壇に立ち、負けまいと思って「我が国は神をも恐れない。」と言い放ちました。反応が今一だったのを不思議に思ったそうですが、聖書には「主を恐れることは知恵の初め。」「主を恐れる人に主は御目を注がれる。」と書いてあります。聖書に親しんでいる人なら、「神をも恐れない」は、人間に与えることができる最低の評価だと知っているので、面白いと感じる話です。「神を畏れず、人を人とも思わない裁判官。」江戸時代のお奉行さんのような人を想像すれば良いと思いますが、ここで言う「裁判官」は、今なら検察官、弁護士、判事の三人が果す役割を、一人でこなす責任がある人でした。「神を畏れず、人を人とも思わない」なら、裁判官の職に就いてはいけない人でしたが、本人にもその自覚があったことに、このたとえ話の皮肉たっぷりのユーモアが感じられます。社会福祉制度がない当時の社会では、夫を失った婦人と、親を失った子供はとてもみじめな思いをしました。社会的に、とても弱い立場にいたので、騙されたり、利…

2020年8月25日 始業礼拝 「思いがけない時代に備えて」

2020年8月25日 始業礼拝「思いがけない時代に備えて」ルカによる福音書17章26~37節26節ノアの時代にあったようなことが、人の子が現れるときにも起こるだろう。27節ノアが箱舟に入るその日まで、人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていたが、洪水が襲って来て、一人残らず滅ぼしてしまった。28節ロトの時代にも同じようなことが起こった。人々は食べたり飲んだり、買ったり売ったり、植えたり建てたりしていたが、 29節ロトがソドムから出て行ったその日に、火と硫黄が天から降ってきて、一人残らず滅ぼしてしまった。30節人の子が現れる日にも、同じことが起こる。31節その日には、屋上にいる者は、家の中に家財道具があっても、それを取り出そうとして下に降りてはならない。同じように、畑にいる者も帰ってはならない。32節ロトの妻のことを思い出しなさい。33節自分の命を生かそうと努める者は、それを失い、それを失う者は、かえって保つのである。34節言っておくが、その夜一つの寝室に二人の男が寝ていれば、一人は連れて行かれ、他の一人は残される。35節二人の女が一緒に臼をひいていれば、一人は連れて行かれ、他の一人は残される。」36節畑に二人の男がいれば、一人は連れて行かれ、他の一人は残される。37節そこで弟子たちが、「主よ、それはどこで起こるのですか」と言った。イエスは言われた。「死体のある所には、はげ鷹も集まるものだ。」東奥日報は週ごとに本の売上ランキングを発表しますが、今年の春ごろから、新作に交じって、70年以上も前に書かれた作品が上位に入っていました。フランス語の原作が1947年に出版された、アルベール・カミュの「ペスト」です。有名な小説なので、内容は以前から聞かされていましたが、実際に読んだことがなかったので、夏休み中にネットからダウンロードした英語版を読みました。地中海の港町、オランでペストが大流行し、外界との接触が断たれ、死者が急増します。主人公は医者の立場を活かし、必死にペストと戦いますが、オラン市民の大半は可能なかぎり、いつもと変わらない生活をしようとします。登場人物の反応と、今年の新型コロナウイルスに対する反応に重なる部分が多いので、このタイミングで読むと印象に残ると思います。生活様式まで変える事態に直面すると、人はまず事態の深刻さを否定しようとします。それができなくな…

2020年7月17日 終業礼拝 「見えなくても神の国がある」

2020年7月17日 終業礼拝 「見えなくても神の国がある」
ルカによる福音書17章20~25節
20節ファリサイ派の人々が、神の国はいつ来るのかと尋ねたので、イエスは答えて言われた。「神の国は、見える形では来ない。
21節『ここにある』『あそこにある』と言えるものでもない。実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。」 22節それから、イエスは弟子たちに言われた。「あなたがたが、人の子の日を一日だけでも見たいと望む時が来る。しかし、見ることはできないだろう。 23節『見よ、あそこだ』『見よ、ここだ』と人々は言うだろうが、出て行ってはならない。また、その人々の後を追いかけてもいけない。 24節稲妻がひらめいて、大空の端から端へと輝くように、人の子もその日に現れるからである。 25節しかし、人の子はまず必ず、多くの苦しみを受け、今の時代の者たちから排斥されることになっている。
7年くらい前までの3年間、私は中国に住んでいました。乞食が座る街角の傍を高級車が通り、富を公平に分配する共産主義社会とは思えませんでした。しかし、住宅事情にも医療制度にも改善が進み、政府が本気になって庶民の生活水準を高めようとしているという印象を受けました。民主的な選挙はありませんでしたが、共産党の組織を経由して民意を吸い上げるシステムがありました。私が教えていた学生たちのほとんどは共産主義青年団のメンバーで、生徒会活動のリーダーをしていたのはこの組織の幹部たちでした。
卒業間近になると、模範生と見られる学生は共産党入党の招待状を受けました。その数は15人に1人くらいでしたが、党員という身分を手にすると、公務員や政府系企業は特にそうでしたが、就職はかなり有利になりました。国家から人物の保証をもらったのも同然の身分なので、断る理由はないという意見をも聞きました。しかし、中には党の仕事や行事に関わることを大儀に思って辞退する人もいました。一党員として国の進む方向について発言できる権利が与えられる反面、党の理念に縛られることを窮屈に思う人たちもいました。
 一度だけ、陸路で中国本土から香港に渡る機会が与えられました。境界線をまたぐ建物の片側から入り、反対側から出ると、全くと言っても良いほど違う国に入ったという気分に襲われました。ここ数年の間、この香港で日本を含む西側諸国にあるような民主主義に憧れる若者たちが活発な民主化運動を…

2020年7月13日 礼拝説教 「差別を打ち破るもの」

2020年7月13日 礼拝説教 「差別を打ち破るもの」
ルカによる福音書17章11~19節
11節イエスはエルサレムへ上る途中、サマリアとガリラヤの間を通られた。 12節ある村に入ると、重い皮膚病を患っている十人の人が出迎え、遠くの方に立ち止まったまま、 13節声を張り上げて、「イエスさま、先生、どうか、わたしたちを憐れんでください」と言った。 14節イエスは重い皮膚病を患っている人たちを見て、「祭司たちのところに行って、体を見せなさい」と言われた。彼らは、そこへ行く途中で清くされた。 15節その中の一人は、自分がいやされたのを知って、大声で神を賛美しながら戻って来た。 16節そして、イエスの足もとにひれ伏して感謝した。この人はサマリア人だった。 17節そこで、イエスは言われた。「清くされたのは十人ではなかったか。ほかの九人はどこにいるのか。 18節この外国人のほかに、神を賛美するために戻って来た者はいないのか。」 19節それから、イエスはその人に言われた。「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」
人は皆違います。肌の色、生まれた国、話す言葉、信じている宗教等を基準に組分けしても、それぞれの集団の中に幅広い多様性があります。特定の集団に多いと思われる特徴を、構成メンバー全員に当てはめると、大変な問題が生じます。人種差別もそうですが、差別はすべて、人を特定の集団の一員として見て、個人として見ようとしないところから始まります。
具体的に言うと、知能指数の平均値が高い人種の一員だからといって、頭が良いとは限りません。倫理的に評判が高い国の教育を受けても、犯罪に手を染める人がいます。運動能力に長けているというイメージがある民族に生まれても、スポーツが不得意な人たちがたくさんいます。人は社会から押し付けられたラベルとは無関係に、個人として持つ能力や人格を基準に評価してもらえないと、決して世の中が公平とは言えません。
アメリカのミネソタ州に起きた警察官による黒人の殺害は改めて、この問題を浮き彫りにしました。世界各地で「肌の色で人を犯罪者だと決めつけるな。」と叫ばれています。先祖の業績がいくら立派でも、自分のものだと勘違いすることの愚かさが指摘されています。心が通じ合う世界を作る努力をやめ、自国の利益ばかり主張する指導者たちのいがみ合う姿にうんざりする思いが高まっています。
どの国にも昔…

2020年7月6日 礼拝説教 「取るに足りない僕」

2020年7月6日 礼拝説教 「取るに足りない僕」
ルカによる福音書17章7~10節
7節あなたがたのうちだれかに、畑を耕すか羊を飼うかする僕がいる場合、その僕が畑から帰って来たとき、『すぐ来て食事の席に着きなさい』と言う者がいるだろうか。 8節むしろ、『夕食の用意をしてくれ。腰に帯を締め、わたしが食事を済ますまで給仕してくれ。お前はその後で食事をしなさい』と言うのではなかろうか。 9節命じられたことを果たしたからといって、主人は僕に感謝するだろうか。 10節あなたがたも同じことだ。自分に命じられたことをみな果たしたら、『わたしどもは取るに足りない僕です。しなければならないことをしただけです』と言いなさい。」
現代社会には「僕」という身分はありません。聖書時代の「僕」には借金返済のために自由を失った人たちが多く、労働条件がとても悪かったです。夜明けから日没まで農作業をした後も休ませてもらえず、奴隷に近い扱いを受けました。ヘトヘトになって畑から帰ってきた「僕」は主人の食事の支度をさせられ、「ご苦労様」の一言もないまま一日の勤めを終えました。
精一杯働いた「僕」は最後に「この程度のことしかできなくて申し訳ございません。」と言って謝らなければなりませんでした。今の時代なら、大変な人権問題になりますが、優しいはずのイエス様が、自分の弟子になろうとする人に求めたのは、いくら苦労しても感謝の言葉さえ期待できない、この「僕」の姿でした。
質の高い仕事が賞賛を受けるとは限りません。いつも、奏楽をしてくださる水木先生はヨハン・セバスティアン・バッハの曲をよく弾いてくださいますが、音楽評論家の多くは、このバッハが史上最高の音楽家だったと言います。バッハは何回か転勤しましたが、65歳の年齢で亡くなるまでの27年間、ドイツの東にあるライプツィヒ市の聖トーマス教会の音楽監督として教会音楽の作曲に励み、驚異的な数の名曲を残しました。
日曜礼拝の演奏が終わると、すぐに次週の礼拝主題に合う曲作りを始め、一週間以内に管弦楽と合唱用にパート別の楽譜を書き上げ、個別の練習と合同リハーサルを行いました。礼拝時間に何とか間に合わせて出来上がったのは、現在も世界各国のコンサートホールで演奏される、数々の真新しい名曲でした。
何年もの間、バッハの天才的な新曲を聞かされたライプツィヒの市民たちは、心からバッハ様に感謝したと思っても当…