Posts

Showing posts from May, 2018

2018年5月28日 礼拝説教 「あなたがたが食べる物を与えなさい」

2018年5月28日礼拝説教 「あなたがたが食べる物を与えなさい」
ルカによる福音書9章10節~17節
10節使徒たちは帰って来て、自分たちの行ったことをみなイエスに告げた。イエスは彼らを連れ、自分たちだけでベトサイダという町に退かれた。 11節群衆はそのことを知ってイエスの後を追った。イエスはこの人々を迎え、神の国について語り、治療の必要な人々をいやしておられた。 12節日が傾きかけたので、十二人はそばに来てイエスに言った。「群衆を解散させてください。そうすれば、周りの村や里へ行って宿をとり、食べ物を見つけるでしょう。わたしたちはこんな人里離れた所にいるのです。」 13節しかし、イエスは言われた。「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい。」彼らは言った。「わたしたちにはパン五つと魚二匹しかありません、このすべての人々のために、わたしたちが食べ物を買いに行かないかぎり。」 14節というのは、男が五千人ほどいたからである。イエスは弟子たちに、「人々を五十人ぐらいずつ組にして座らせなさい」と言われた。 15節弟子たちは、そのようにして皆を座らせた。 16節すると、イエスは五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで、それらのために賛美の祈りを唱え、裂いて弟子たちに渡しては群衆に配らせた。 17節すべての人が食べて満腹した。そして、残ったパンの屑を集めると、十二籠もあった。
イエス様の弟子たちは修行とも言える、伝道実習から帰って来ましたが、休息を取り、情報交換をして次の戦略を立てる必要がありました。この時の様子を詳しく伝えているマルコの福音書によると、食事をする暇もないほど、人の出入りが激しく、イエス様は「さあ、あなた方だけで、しばらく休むが良い」と言いました。それから、人里離れたところ、つまり、民家のない、山奥のような場所に向かいました。
しかし、彼らの動きを見逃さなかった人たちが大勢いて、数千人単位の群衆が付いて来ました。「ついて来るな。これからは、私たちのプライベートの時間だ。」弟子たちは心の中でそのようにつぶやきながら見ていたのでしょうが、イエス様は「大勢の群衆を見て、飼い主のない羊のような有様を深く憐れみ、いろいろと教え始められました。」これもマルコによる福音書に書かれている事です。
東奥義塾の教職員の勤務時間は何時から何時までだと思いますか。正式には、週五日間、八時間勤務で、昼休み中も生徒の…

2018年5月22日 礼拝説教 「みすぼらしい恰好の全権大使」

2018年5月22日礼拝説教 「みすぼらしい恰好の全権大使」
ルカによる福音書9章1節~9節
1節イエスは十二人を呼び集め、あらゆる悪霊に打ち勝ち、病気をいやす力と権能をお授けになった。 2節そして、神の国を宣べ伝え、病人をいやすために遣わすにあたり、 3節次のように言われた。「旅には何も持って行ってはならない。杖も袋もパンも金も持ってはならない。下着も二枚は持ってはならない。 4節どこかの家に入ったら、そこにとどまって、その家から旅立ちなさい。 5節だれもあなたがたを迎え入れないなら、その町を出ていくとき、彼らへの証しとして足についた埃を払い落としなさい。」 6節十二人は出かけて行き、村から村へと巡り歩きながら、至るところで福音を告げ知らせ、病気をいやした。 7節ところで、領主ヘロデは、これらの出来事をすべて聞いて戸惑った。というのは、イエスについて、「ヨハネが死者の中から生き返ったのだ」と言う人もいれば、 8節「エリヤが現れたのだ」と言う人もいて、更に、「だれか昔の預言者が生き返ったのだ」と言う人もいたからである。 9節しかし、ヘロデは言った。「ヨハネなら、わたしが首をはねた。いったい、何者だろう。耳に入ってくるこんなうわさの主は。」そして、イエスに会ってみたいと思った。
 東奥義塾を代表して出かけることがありますが、そのような時、外見的な恰好を、多少は気にします。着ている服、履いている靴、乗っている車など、安物ばかりではありますが、学校のお得意様に失礼のないように、ある程度は良い恰好をしようとします。対象的に、ハイテク産業のメッカ、シリコンバレーで、スーツの着用は実力のない人間の象徴だと思われ、会社役員もジーパンとTシャツ姿で出勤し、極端にキャジュアルな恰好を誇りにします。 これはかなり特殊な例だと思いますが、イエス様に派遣された弟子たちの恰好は更にみすぼらしく、マタイによる福音書によると、靴も履かせてもらえませんでした。しかし、財布も、お弁当もなく、着替えも下着一枚までと決められ、極限まで心細い思いをさせられた彼らは、大旋風を巻き起こしました。
外見的に惨めとしか言い様のないのに、彼らが持つ、悪霊に打ち勝ち、病気をいやす力に疑いを挟む余地がなく、その結果、イエス様の先輩、バプテスマのヨハネの首をはねた、お殿様のヘロデはすっかり困惑してしまいました。やっかいな奴を葬り去ったと思ったら…

2018年5月14日 礼拝説教 「少女よ、起きなさい」

2018年5月14日礼拝説教 「少女よ、起きなさい」
ルカによる福音書8章49節~56節
49節イエスがまだ話しておられるときに、会堂長の家から人が来て言った。「お嬢さんは亡くなりました。この上、先生を煩わすことはありません。」 50節イエスは、これを聞いて会堂長に言われた。「恐れることはない。ただ信じなさい。そうすれば、娘は救われる。」 51節イエスはその家に着くと、ペトロ、ヨハネ、ヤコブ、それに娘の父母のほかには、だれも一緒に入ることをお許しにならなかった。 52節人々は皆、娘のために泣き悲しんでいた。そこで、イエスは言われた。「泣くな。死んだのではない。眠っているのだ。」 53節人々は、娘が死んだことを知っていたので、イエスをあざ笑った。 54節イエスは娘の手を取り、「娘よ、起きなさい」と呼びかけられた。 55節すると娘は、その霊が戻って、すぐに起き上がった。イエスは、娘に食べ物を与えるように指図をされた。 56節娘の両親は非常に驚いた。イエスは、この出来事をだれにも話さないようにとお命じになった。
会堂長のヤイロは焦っていました。医者に頼んだが、治療に効き目がなく、十二歳になる娘の容態が悪化するばかりでした。以前、会堂の建設費を出してくれたローマ人の部下が病気になり、ナザレのイエスにお願いしたら命が助かった事を思い出しました。そのイエス様が近くにいるはずだと聞きましたが、探しに行ったところ、前の日に湖の向こう岸に渡って、今はいないと知らされました。二、三日が過ぎ、娘の命がもうダメかとあきらめかけたその時、イエス様が戻って来たという知らせが耳に入りました。藁を掴む思いで頼みに行ったところ、家に来ると言ってくれました。
 ホッとしたのも束の間。イエス様は待ち構えていた群衆に囲まれ、進むのが遅いばかりか、「服の裾に触った人がいる」と言い出して周囲が大騒ぎになり、更に時間を取られました。「娘の方が先だろう。」と思って焦るヤイロのもとに、とどめを刺す情報が届きました。「お嬢さんは亡くなりました。この上、先生を煩わすことはありません。」もう来ても無駄だと言うのですが、イエス様の反応はいつもと変わることなく冷静でした。「恐れることはない。ただ信じなさい。そうすれば娘は救われる。」
 そのまま、家に向かって行きましたが、情報が回るのが早く、先に着いたのは泣き女たちでした。日本では姿を消しましたが…

2018年5月2日 礼拝説教 「イエスの服の裾に触れる」

2018年5月2日礼拝説教 「イエスの服の裾に触れる」
ルカによる福音書8章40節~48節
40節イエスが帰って来られると、群衆は喜んで迎えた。人々は皆、イエスを待っていたからである。 41節そこへ、ヤイロという人が来た。この人は会堂長であった。彼はイエスの足もとにひれ伏して、自分の家に来てくださるようにと願った。 42節十二歳ぐらいの一人娘がいたが、死にかけていたのである。イエスがそこに行かれる途中、群衆が周りに押し寄せて来た。 43節ときに、十二年このかた出血が止まらず、医者に全財産を使い果たしたが、だれからも治してもらえない女がいた。 44節この女が近寄って来て、後ろからイエスの服の房に触れると、直ちに出血が止まった。 45節イエスは、「わたしに触れたのはだれか」と言われた。人々は皆、自分ではないと答えたので、ペトロが、「先生、群衆があなたを取り巻いて、押し合っているのです」と言った。 46節しかし、イエスは、「だれかがわたしに触れた。わたしから力が出て行ったのを感じたのだ」と言われた。 47節女は隠しきれないと知って、震えながら進み出てひれ伏し、触れた理由とたちまちいやされた次第とを皆の前で話した。 48節イエスは言われた。「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。」
1日1パーセントの成長。大したことないと思うかもしれません。しかし、これが一年間、毎日続くと、驚いたことに37倍を超える進歩が実現します。信じられないと思うならスマホの計算機機能を開いて、1.01の365乗と打って見てください。深い思いのこもった小さな行為が、想像を絶する大きな結果を生むことがあります。
ガリラヤ湖の向こう側でゲラサ人に追い出されたイエス様の一行は、地元に戻ると大歓迎を受けました。助けを求めている人たちが大勢いたからです。特に、死を迎えようとしていた十二歳の娘がいる、ヤイロという会堂長は必死でした。
会堂長という身分から分かるように、町の中心的な人物で、とても立派な人だと思われていました。遠慮することなく、イエス様の足元にひれ伏し、娘を癒しに来るように懇願しました。ヤイロとは対照的にもう一人、隠れるように群衆にまぎれ、こっそりと近づいて来る女性がいました。ヤイロの娘が生まれた十二年前の、その同じ年から始まって、婦人病の一種を患っていたため、本来はこの場所にいてはならない人でした。
中東…