Posts

Showing posts from October, 2018

2018年10月15日 礼拝説教 「空気を読むだけではダメ」

2018年10月15日礼拝説教 「空気を読むだけではダメ」
ルカによる福音書10章25節~29節
25節すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスを試そうとして言った。「先生、何をしたら、永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか。」 26節イエスが、「律法には何と書いてあるか。あなたはそれをどう読んでいるか」と言われると、 27節彼は答えた。「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい』とあります。」 28節イエスは言われた。「正しい答えだ。それを実行しなさい。そうすれば命が得られる。」 29節しかし、彼は自分を正当化しようとして、「では、わたしの隣人とはだれですか」と言った。
ユダヤ人社会の中で律法の専門家の地位はとても高かったです。ヘブライ語の古典を読みこなし、数多くの解釈に精通している、秀才の中の秀才。つまり、超エリートでした。戒律の厳しいイスラム国では、宗教と市民生活の分離がなく、イスラム法の専門家の権威は絶大ですが、彼らと同じように、一般市民の生活に大きな影響を及ぼす人たちでした。この専門家の一人が、質問を出して、正式な学歴のないイエス様の真価を試そうと思い、「規則や教えはたくさんあるが、神様の最も高い評価の証である永遠の命を受けるために、何をすれば良いのでしょうか。」と尋ねました。
流派が違う専門家なら、「ひと言では言えない。律法の規定を一つ一つ覚えて徹底的に守るしかない。」と言ったかもしれません。しかし、この人はイエス様と考えの近い人で、律法の一つ一つの規定よりも、その全体を貫く精神の方が大事だと考えました。つまり、「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい。」という思いを、いつも心に留めて行動に移すのが一番大切な事だと言いました。イエス様はその考えに同意しました。
「あなたの国の人たちが一番大事にしている気持ちを一言で表す言葉がありますか。」そのように尋ねられたら、首をかしげる人が多いと思いますが、アメリカ人なら独立宣言を引用して「生命、自由及び幸福追求の権利」と言うかもしれません。日本人なら十七条憲法の「和を以て貴しとなす」を口にするかもしれません。しかし、間違っても、「心を尽くし、精神を尽くし、力…