2019年2月4日 礼拝説教 「しつこい祈り」


201924日礼拝説教
「しつこい祈り」

ルカによる福音書115節~13節 

5節              また、弟子たちに言われた。「あなたがたのうちのだれかに友達がいて、真夜中にその人のところに行き、次のように言ったとしよう。『友よ、パンを三つ貸してください。
6節              旅行中の友達がわたしのところに立ち寄ったが、何も出すものがないのです。』
7節              すると、その人は家の中から答えるにちがいない。『面倒をかけないでください。もう戸は閉めたし、子供たちはわたしのそばで寝ています。起きてあなたに何かをあげるわけにはいきません。』
8節              しかし、言っておく。その人は、友達だからということでは起きて何か与えるようなことはなくても、しつように頼めば、起きて来て必要なものは何でも与えるであろう。
9節              そこで、わたしは言っておく。求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。
10節          だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。

11節          あなたがたの中に、魚を欲しがる子供に、魚の代わりに蛇を与える父親がいるだろうか。
12節          また、卵を欲しがるのに、さそりを与える父親がいるだろうか。
13節          このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる。」


家族に食べさせるものが十分になくても、お客様が来るとご馳走を振る舞うのが当然だと思われる文化圏が世界中にいくつもあります。新約聖書時代のイスラエルは、正にこのような社会で、遠方から来た訪問者を十分にもてなせないのは一家の恥だと考えられました。このことを理解しないと、とても納得できる行動ではありませんが、登場人物は大変迷惑な行為だと知りながら、真夜中、近くに住む友だちの戸を必死に叩いて「訪問客に食べさせる物がないのでパンを貸してくれ。」とせがみます。「もう寝ているから帰れ」と言われても諦めません。

泥棒に入られても警察を呼ぶ手段がない時代なので戸締りは厳重です。当時の習慣に従って一家そろって一つの大きなベッドに寝ています。隣人は「いくら友だちだからと言っても無理。」と主張しますが、最後は根負けして要求に応じます。ちょっと滑稽な話ですが、イエス様はこの例えを用いて、諦めないで祈り続けるように教えています。

 だれの人生にも何度か、恥も外聞も捨てて、しつこく求めざるを得ない時がやってきます。「一生のお願い」だと言って、何回も同じようなことをすると相手にされなくなりますが、経験したことがある人なら、真夜中に隣人の戸を叩くこの人の心境がわかると思います。私は一家の大黒柱でありながら、当てにしていた仕事が手に入らず、無職になりかけたことが二度あります。必死に神様に祈りました。

ただ、祈るだけではなく、募集してもいない会社や学校に連絡を取ったり、手当たり次第に必死に自分を売り込んだりしました。気分の良い事ではないばかりか、プライドがズタズタになる惨めな経験だったので、このような状況に陥ることは決して勧めません。しかし、イエス様の言葉である、「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。」という言葉が真実であり、その通りになることは身をもって経験しました。

 神様は叩き起こさないと願い事を聞いてくれない、反応の鈍い、機嫌の悪いお方でしょうか。話の意図はそこにあるのではなく、条件が最悪でも、しつこく求め続けると叶うことが多いことを例にとって、優しい父親のように私たちをいつくしんで下さる神様が、願い事を無視するはずがないと教えています。最近、子供を虐待して死なせたという悲しいニュースが続いていますが、そのような話を聞いて私たちがショックを受けるのは、普通の人の感覚では考えられないことだからです。イエス様が指摘するように、悪い人間でも自分の子供のことになると、人が変わったように優しくなり、かわいい我が子の願いを叶えてあげようと努力を惜しみません。

 若い頃に抱いた夢で、叶わなかった事がいくつもありますが、どれを取っても実現しなかった最大の理由は、立ちはだかった壁の高さにではなく、しつこく求め続けなかった自分にあります。月面を歩く人の映像を見て宇宙飛行士になりたいと思った時のように、その後、自然に興味が薄れた願いもありますが、後悔が残ったことに関して言えば、真夜中に隣人の戸をしつこく叩く覚悟も勇気もなかったと言わなければなりません。つまり、一般常識の範囲内で行動し、居心地の良い生活を捨て切れず、一つのことに思いを集中させなかったことに敗因があります。

今、何歳になっても変わらないと、自信を持って言える夢がありますか。そのようなあなたにイエス様の言葉が向けられています。「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。」

Comments

Popular posts from this blog

2018年3月1日 卒業式 「あなたがたは力を受ける」

2018年10月3日 礼拝説教 「成功の要因」

2018年10月15日 礼拝説教 「空気を読むだけではダメ」